2019.2.17 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】沖縄に現れたアヤシイ3人組

【虎のソナタ】

沖縄に現れたアヤシイ3人組

特集:
虎のソナタ
メッセンジャー(左)はキャンプ地を訪れた家族を出迎える。久々に子供たちと遊んだ

メッセンジャー(左)はキャンプ地を訪れた家族を出迎える。久々に子供たちと遊んだ【拡大】

 阪神春季キャンプ(16日、沖縄・宜野座)この日の宜野座はトラ番キャップ大石豊佳によると「実戦形式はケース打撃だけでして…僕も無事に昼食にありつきました」という内容。なんで大石の昼食について書くかといえば、彼はトラ番キャップとして初のキャンプ。そのため汗だくで走り回る。午後になってゲーム形式の練習が始まると、彼は軽いめまいを覚えるのだ。

 なに、実はドタバタしていて昼食を“食い忘れる”からである。それが最近はやっと「めまい」をしなくなった。というのは宿舎の朝食を2食分かきこんでから出勤するからだ。だんだんこなれてきた次第。

 でもって、本日はめまい抜きの大石が「新戦力のジョンソン投手の初登板と上本選手が左翼にイイ打球を飛ばしてました!」という電話をくれました。そうかそうか…虎の若いのは元気だよなぁ…と大阪・難波の編集局「虎ソナ」席でほっこりしたんです。こういっちゃなんだけど、窓から見える景色はそろそろ…春。どこへも出してもらえない篭の鳥にも春はくるんだぞィ…グスン。

 と、その頃、沖縄・那覇の巨人軍は韓国のサムスンと練習試合をやっていた。そのスタンドに陣取っていた3人組が、周囲の巨人ファンとはちょっと目つきも雰囲気も違っていた。そのアヤシイ3人組が、異口同音にこううなったらしいのだ。

 「こりゃ、どうみても今年は巨人が強すぎるデ…」

 この日から会社の金でキャンプ研修に出た局次長兼整理部長生頼秀基、整理部デスク芝崎正剛、それに整理部記者妻鹿(めが)哲弥です。彼らは宜野座にいく前に「強力補強の巨人」をみることにした。整理部というのは、新聞製作では常に冷静沈着でいなくてはならない要の職場なんです。それが「1番吉川尚→2番丸→3番坂本勇→4番岡本…ウウム…5番ゲレーロ…6番ビアホール違うビヤヌエバ…と並んでます。これに先発が菅野が出てきてごらんなさい。シャレになりまへん」と電話口でうなり声。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【虎のソナタ】沖縄に現れたアヤシイ3人組