2019.2.16 05:00

【平成キャンプPLAYBACK】平成15年 ロッテ・ローズ、わずか29日で電撃退団

【平成キャンプPLAYBACK】

平成15年 ロッテ・ローズ、わずか29日で電撃退団

 かつて横浜(現DeNA)でプレーし、3年ぶりに日本球界へ復帰したロッテのロバート・ローズ内野手が、17日にキャンプ地の鹿児島から緊急帰京し、19日に電撃退団して米国へ帰国した。

 1月22日の来日からわずか29日。8年在籍した横浜で打率.325、167本、808打点と活躍した助っ人は「野球に対する情熱がなくなった」と力なく話した。

 退団理由は新しい環境に家族がなじめなかったため。横浜時代は、外国人の多い横浜市内で家族ぐるみのつきあいがあった。だが、千葉・浦安での暮らしに夫人と子供4人は順応できなかった。4番候補がキャンプ中に退団する異常事態。ロッテは激震に見舞われた。

 FAで広島から阪神に移籍した金本知憲外野手が、星野阪神2年目の目玉としてキャンプイン。同年の18年ぶりリーグ優勝の礎を築いた。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. 【平成キャンプPLAYBACK】平成15年 ロッテ・ローズ、わずか29日で電撃退団