2019.2.15 05:02

雄星に洗礼!?初体験10分限定ブルペン「息上がった」

雄星に洗礼!?初体験10分限定ブルペン「息上がった」

特集:
菊池雄星
注目の中、ブルペンで投球練習した菊池。後方にはボールの回転数などを測る機械が設置されていた (共同)

注目の中、ブルペンで投球練習した菊池。後方にはボールの回転数などを測る機械が設置されていた (共同)【拡大】

 【ピオリア(米アリゾナ州)13日(日本時間14日)】前日12日(同13日)にキャンプインしたマリナーズの菊池雄星投手(27)が、キャンプで初めてブルペンに入って投球練習を行った。日本とは異なる10分間限定のルールを初めて体験し「周りがポンポン投げるので、それに乗せられて。久しぶりにマウンドで息が上がりましたね」と振り返った。

 砂漠地帯の乾燥した空気や硬いマウンドなど環境への適応が求められるが、特に課題に挙げたのが滑りやすいメジャー公式球への対応だ。37球を投げ、武器のスライダーについて「アリゾナに来てから思うように曲がらない」と首をひねった。

 「僕は、真っすぐとスライダーの握りがほとんど一緒。(指を球の縫い目に)掛けるところがあるが、その山が日本のものより低い。自分で意識をして(中指を)掛けていかないと」と菊池。投球の回転数や回転軸を計測する機械も使い、新たな環境にアジャストする。

菊池の球を受けた捕手のマリナーズ・フレイタス「真っすぐとスライダーが良かった。スプリットは新しい球種ということだった。彼はユニークな投手。他の投手とは比べられない」

キャンプ日程へ

  • ブルペンで投球練習するマリナーズ・菊池=ピオリア(共同)
  • ブルペンで投球練習するマリナーズ・菊池=ピオリア(共同)
  • ブルペンで投球練習を行ったマリナーズ・菊池=ピオリア(共同)
  • ブルペンで捕手と話すマリナーズ・菊池=ピオリア(共同)
  • MLB・主な日本選手のキャンプ地
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 雄星に洗礼!?初体験10分限定ブルペン「息上がった」