2019.2.14 05:00

【うめじゅんの天の声】名古屋近鉄ドラゴンズ?面白い

【うめじゅんの天の声】

名古屋近鉄ドラゴンズ?面白い

村上コーチ(右)と再会した梅田氏

村上コーチ(右)と再会した梅田氏【拡大】

 フリーアナウンサーの梅田淳氏(58)が野球界の知人を訪ねる不定期コラム「うめじゅんの天の声」。今回は中日の北谷キャンプで村上隆行打撃コーチ(53)に再会した。

 村上がいた近鉄はもうない。でも、いつの日か、もう一度NPBのユニホームを着て、球界に恩返しがしたい-。コーチ要請のオファーを待ち続けていたそうだ。

 「さすがにもうないな」と思っていた昨年暮れ。同級生、与田監督から、まさかのオファー。パ・リーグで育った男に舞い込んだのは、何とセ・リーグ、中日ドラゴンズの1軍打撃コーチだ。

 大変魅力的な話だった。しかもメンバーには阿波野秀幸、赤堀元之(ともに投手コーチ)という、同じユニホームでともに戦ってきた昔ながらの仲間の名前もあった。

 名古屋近鉄ドラゴンズ(?) 面白い。加えて他のコーチ陣もパ・リーグ出身が多い。豪快で少々粗っぽくても個性的な、いてまえドラゴンズが誕生するのか!? 話し始めた村上コーチは、随分大人になっていた。

 「選手自身に気づいてもらわないと彼らの成長はない。しかし、選手はそれぞれに気付く点が異なる。その為にはコーチがさまざまな言い方で伝える必要があるんです。伝わらないのはコーチのせい。選手の話を聴きながら気づいてもらうまで、根気よく色々な角度から話をしたい」

 幸い、村上コーチにも、阿波野コーチにも、沢山の引き出しがあるし、沢山の言葉がある。そして決して途中で諦めない覚悟もある。

 エリートとは程遠く、たくさんの失敗をしてきたことが今の自分に役に立っていると語る村上コーチ。必ず選手を成長させ、与田監督を男にすると熱く語っていた。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 【うめじゅんの天の声】名古屋近鉄ドラゴンズ?面白い