2019.2.14 05:03(1/2ページ)

オリックス・西村監督ニヤリ!3・30先発の日本ハム・金子に自信あり

オリックス・西村監督ニヤリ!3・30先発の日本ハム・金子に自信あり

金子打ちに策あり。西村監督が腕をぶした

金子打ちに策あり。西村監督が腕をぶした【拡大】

 オリックス春季キャンプ(13日、宮崎)望むところだ! オリックス・西村徳文監督(59)が13日、日本ハムからの“挑戦状”を歓迎した。3月29日からの開幕カード(札幌ドーム)でぶつかる相手は、早くも第1、2戦の先発投手を発表。同30日の第2戦には今季オリックスから移籍した金子弌大(ちひろ)投手(35)が登板することが決まったが、指揮官の頭の中にはすでに、かつてのエースを打ち砕く策略がある!?

 海の向こうから届いた宣戦布告に西村監督は不敵な笑みを浮かべた。3月の開幕戦の1カ月以上も前に、日本ハムが早くも第2戦までの先発を発表。しかも2戦目には昨年まで自軍のエースだった金子が登板する。

 「だいたいこうすればいいな、というのは頭の中にあります。これからスコアラーとも話して対策を練りたいと思う」

 攻略法は、ある-。もちろん内容は明かさないが、表情には「3・30」への自信がにじんだ。

 2004年に自由獲得枠でオリックス入団後、14年に沢村賞に輝くなど通算120勝を挙げ、球界を代表する投手となった金子。しかし昨季は4勝7敗に終わり、契約更改交渉では球団から年俸6億円から5億円減とみられる大幅減俸を提示され、折り合いがつかず。12月に自由契約となり、日本ハムへ移籍した。

【続きを読む】

  • ポーズをとる金子(右)と上沢(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・西村監督ニヤリ!3・30先発の日本ハム・金子に自信あり