2019.2.13 05:04(1/2ページ)

阪神・西、「幸せ」と内角いっぱい!「憧れ」福留と“初対決”

阪神・西、「幸せ」と内角いっぱい!「憧れ」福留と“初対決”

特集:
福留孝介
気合の入った表情で投球練習をする西。福留に感謝感激だった(撮影・水島啓輔)

気合の入った表情で投球練習をする西。福留に感謝感激だった(撮影・水島啓輔)【拡大】

 阪神春季キャンプ(12日、沖縄・宜野座)浅慮なく、エグります! 阪神・西勇輝投手(28)が12日、ブルペンで今キャンプチーム最多の150球を投じ、福留孝介外野手(40)と“対戦”。憧れの先輩へ内角攻めを要求し、ズバッズバッ! 「幸せ」と大感激した。

 ついに小さい頃のヒーローと“対戦”する機会が訪れた。思わず、鳥肌が立った。ナゴヤドームのスタンドから目の当たりにした光景がフラッシュバックした。体を巻きつけるようなバットスイングに強肩強打。少年に戻った西が大喜びした。

 「緊張もしましたけど、あこがれている人なので、すごいうれしかったですね。すごい幸せな時間でした」

 午前中のブルペン。あこがれの人は60球を過ぎたあたりから、やってきた。捕手後ろのネット越しにチェックされる。67球目で打席に入ってきた。さすがに、しばらく外角の球を続ける。でも、こんなチャンスを逃すわけにいかなかった。81球目を投じる直前、ついに、予告した。

 「いいですか?インコース」

 無言で福留はうなずく。西も大きく息を吸い込み、腕を振った。いくら制球力に自信があっても、抜ける球が3球、あった。でも、先輩は体に近くにきても、逃げずに、どっしり見極め、決まればウンウンとうなずいてくれた。それが至福だった。福留との33球のうち、内角には19球。福留が打席に立ってもらわなければ実現できなかったトレーニングだった。

 「練習のときから投げさせてもらえるなんて、なかなか、ない。うれしいなというのは、やっぱりありました」

【続きを読む】

  • 西の内角球を福留はしっかりと受け止めた
  • 阪神・西勇輝が投球する打席に立ちインコースに来た球ををよける阪神・福留孝介
  • ブルペンで投球する阪神・西=宜野座(撮影・水島啓輔)
  • ブルペンで投球する阪神・西=沖縄(撮影・水島啓輔)
  • ブルペンで投球する阪神・西=沖縄(撮影・水島啓輔)
  • ブルペンで投球する阪神・西=沖縄(撮影・水島啓輔)
  • ブルペンで打席に立つ阪神・福留=宜野座(撮影・水島啓輔)
  • ゲームノックで三本間に挟まれた江越とぶつかる阪神D3・木浪。左は鳥谷=沖縄(撮影・松永渉平)
  • ゲームノックでD1・近本の送球の中継に入るも捕れない阪神・鳥谷=沖縄(撮影・松永渉平)
  • 特守に臨む(左から)阪神・高山、近本、島田=宜野座(撮影・山田喜貴)
  • ブルペンで投球する阪神・岩貞=宜野座(撮影・水島啓輔)
  • ブルペンで投球する阪神・飯田=宜野座(撮影・水島啓輔)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・西、「幸せ」と内角いっぱい!「憧れ」福留と“初対決”