2019.2.13 05:04

雄星、夢の地で第一歩!MLBサムライの先陣切り米キャンプイン

雄星、夢の地で第一歩!MLBサムライの先陣切り米キャンプイン

特集:
菊池雄星
笑顔でキャンプ施設に入った菊池。ついにキャンプインした (撮影・山田俊介)

笑顔でキャンプ施設に入った菊池。ついにキャンプインした (撮影・山田俊介)【拡大】

 【ピオリア(米アリゾナ州)12日(日本時間13日未明)】西武からポスティングシステムで米大リーグ、マリナーズに移籍した菊池雄星投手(27)が、当地でバッテリー組の一員としてキャンプインした。メジャーの日本選手では先陣を切り、2019年シーズンへスタートを切った。

 午前8時36分。アリゾナの陽を浴びながら、菊池がピオリアのキャンプ施設に姿をみせた。前日に身体検査を受けた際、「本当に楽しみ」と話していたが、ついに憧れのメジャーへ向け、第一歩を記した。

 「(日本より)キャンプインが遅い分、自分でやらないといけないことも多いが、いいタイムマネジメントができた。いい状態でブルペンでも投げられていますし(大リーグ公式)ボールにも、うまく対応できています」

 こう話していたとおり、状態面に不安はない。4日に球団施設で自主トレを始め、翌日から投球練習を開始。万全の状態でキャンプインを迎えた。

 現地では左腕への期待も高まっている。前日も施設を訪れ、午後3時過ぎに帰宅する際、ファンが出待ちしていた。すると、運転していた通訳に車を停止するよう伝えて助手席から降りた。白人男性から「アリガトウ!」と何度も日本語で礼を言われながら、即席のサイン会を始めた。

 「しっかりと普通にやる。日本でやってきたこと以上は出せない。普通にやることが一番難しいことでもあるので、9年間やってきたものを、そのまま出せればいい」

 3月に日本で開催される開幕カード(対アスレチックス)での先発が取り沙汰され、シーズンを通しては先発ローテーション定着が期待される左腕。高校時代から憧れてきた夢の実現へ、いよいよ幕が開いた。

  • ファンにサインする菊池
  • MLB・主な日本選手のキャンプ地
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 雄星、夢の地で第一歩!MLBサムライの先陣切り米キャンプイン