2019.2.13 05:03(1/2ページ)

原巨人で助っ人“競争曲”激化!16日、初の対外試合でヤングマン先発

原巨人で助っ人“競争曲”激化!16日、初の対外試合でヤングマン先発

宮崎キャンプの3日にブルペンで投球練習したヤングマン。16日の対外試合で結果を出す覚悟だ

宮崎キャンプの3日にブルペンで投球練習したヤングマン。16日の対外試合で結果を出す覚悟だ【拡大】

 巨人春季キャンプ(12日)巨人は12日、宮崎キャンプ終了から一夜明け、同地で休養した。13日は宮崎から沖縄・那覇に移動し、2次キャンプがスタート。16日には今年初の対外試合、韓国サムスンとの練習試合が行われ、来日2年目のテイラー・ヤングマン投手(29)が先発する。原辰徳監督(60)の下で5年ぶりのリーグ優勝を狙う中、今季の注目ポイントである外国人枠争いが、いよいよ本格化する。

 2次キャンプ開幕とともに、チーム内競争も過熱する。16日の韓国サムスンとの練習試合でヤングマンが“今季初登板”。助っ人のイス取りゲームも本格化する。

 「幸いペナントレースは長いわけですから。スタートがどういう形になっても、5人あるいは6人使える選手がいるというのは、マイナスではないですね」

 原監督も今季の豊富な助っ人陣容に期待する。ヤングマンは来日1年目の昨季、外国人枠の関係や左手骨折などで4試合の登板だったが、デビューから3戦3勝を飾るなど3勝1敗、防御率2・77と実力を示した。それでも昨季以上に、激しい出番争いが待っている。

【続きを読む】

  • 巨人・今季の外国人選手
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 原巨人で助っ人“競争曲”激化!16日、初の対外試合でヤングマン先発