2019.2.13 05:03(1/2ページ)

中日・松坂、長期離脱も ファンと接触…診断は「右肩炎症」

中日・松坂、長期離脱も ファンと接触…診断は「右肩炎症」

松坂は、言葉少なに球場を引き揚げた (撮影・甘利慈)

松坂は、言葉少なに球場を引き揚げた (撮影・甘利慈)【拡大】

 沖縄・北谷キャンプでファンに右腕を引かれて右肩に違和感を覚えた中日・松坂大輔投手(38)が、長期離脱する可能性が12日、浮上した。この日は沖縄県内の病院で「右肩炎症」と診断され、キャッチボール再開のめどは立たない状況。与田剛監督(53)は、北谷球場で松坂と“緊急会談”を行い、沖縄を離れて右肩の治療に専念することも容認する方針を示した。

 北谷球場内の一室が重々しい空気に包まれた。沖縄県内の病院で「右肩炎症」と診断された松坂と、与田監督、球団首脳、トレーナーらが集結。今後のリハビリをどうするか、議論が交わされた。練習に参加しなかった松坂が帰り際につぶやいたセリフは、たったひと言だ。

 「球団からリリースがあると思うので…」

 いつもの“ダイスケスマイル”はない。キャンプ序盤、ファンに右腕を強く引かれた際、2015年に手術を受けた右肩に違和感を覚えた。それから数日が経過しても状態は変わらなかった。

 与田監督は「俺には(症状は)わからない」とキャッチボール再開のめどが立たないことを改めて明かすと、北谷キャンプから離脱する可能性も、示唆した。

【続きを読む】

  • 球場から引き揚げる中日・松坂=北谷(撮影・甘利慈)
  • 球場から引き揚げる中日・松坂を乗せた車=北谷(撮影・甘利慈)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・松坂、長期離脱も ファンと接触…診断は「右肩炎症」