2019.2.13 11:00(1/4ページ)

【インタビュー THE MAN(5)】DeNA・山崎、優勝&絶対的守護神へ40S以上

【インタビュー THE MAN(5)】

DeNA・山崎、優勝&絶対的守護神へ40S以上

山崎は、3年前と同じく海沿いでポーズをとった (撮影・斎藤浩一)

山崎は、3年前と同じく海沿いでポーズをとった (撮影・斎藤浩一)【拡大】

 12球団のキーマンに迫るインタビュー企画の第5回は、DeNA・山崎康晃投手(26)を直撃。昨季37セーブで初タイトルを獲得した守護神が、プロ5年目に向けた決意や登場時の「康晃ジャンプ」への思いを激白した。本拠地・横浜スタジアムは今季、ライト側スタンド「ウイング席」など約4000席が増設される。さらなるファンの後押しを受け、山崎は優勝への最低ラインとして「40セーブ」の目標を掲げた。 (取材構成・湯浅大)

 --ここまでのキャンプを振り返って

 「プロ5年目になり、後輩も増えました。中継ぎ陣の中では軸と呼んでもらえるようにもなったことで、自分のことだけでなく周りにも目を向けています」

 --自分のことは

 「開幕にしっかり照準を合わせて練習をしている最中です。けがなく、スムーズに迎えられるように。全員が一人も欠けることなく、いい状態でいけるキャンプにしたいですね」

 --過去4年と違う面

 「『チームを引っ張っていく』と(口で)言うのは簡単ですが、体現するのは難しいと思っています。でも、自分は口に出すスタイルではないので、いい姿勢を見せることで引っ張っていきたい。気持ちの面では今までと全然違うキャンプになっています」

 --後輩との接し方は

 「そこは特に意識しています。ルーキーたちが過ごしやすく、ロッカールームでたわいもない会話ができるような、明るい雰囲気を作っていくようにはしています」

 --昨年は横浜スタジアムで苦戦(ホーム防御率5・08、ビジター0・32)した

【続きを読む】

  • 3年前は青空の下で2年目の決意
  • 康晃ジャンプを「いいパワーに変える」
  • 山崎康晃の年度別登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 【インタビュー THE MAN(5)】DeNA・山崎、優勝&絶対的守護神へ40S以上