2019.2.12 08:00

【上田二朗 サブマリン斬り】阪神・藤浪の投球には“荒れ球”必要

【上田二朗 サブマリン斬り】

阪神・藤浪の投球には“荒れ球”必要

特集:
上田二朗 サブマリン斬り
藤浪晋太郎
二回は長坂に死球と課題も出た

二回は長坂に死球と課題も出た【拡大】

 阪神春季キャンプ(11日、沖縄・宜野座)藤浪は今季初実戦だったが、何でもかんでも力んでしまう、という投球から脱却して、七、八分の力でストライクを取るコツをつかんでいる。キャンプインのブルペンから重ねてきた練習の成果を、そのまま紅白戦のマウンドで出せていた。

 どうしてもクローズアップされてしまうのは、二回に与えた2つの死球だろう。でも、現時点では全く気にしなくていい。特に1個目は変化球がすっぽ抜けたもの。神経質になる必要はない。あのぐらいの“荒れ球”は藤浪の投球には、むしろ必要。持ち味だ。

 最初の死球直後に糸原がマウンドに歩み寄り、2個目では内野手全員が集まっていた。ナインがもり立てるのは非常に大事だが、今の藤浪に1つ目で駆け寄る必要はない。逆に藤浪自身が意識し過ぎる可能性もある。1つ当てたぐらい、どうってことないよ、くらいの思いで見守ってあげてほしい。おそらく藤浪も「来なくていい」と思ったはず。周囲が心配する必要がないぐらい、ことしの藤浪の状態はいい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

キャンプ日程へ

  • 二回は岡崎に死球と課題も出た
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【上田二朗 サブマリン斬り】阪神・藤浪の投球には“荒れ球”必要