2019.2.12 05:04(1/3ページ)

阪神・マルテ、初実戦初打席で初弾!「31」大先輩・掛布SEA絶賛

阪神・マルテ、初実戦初打席で初弾!「31」大先輩・掛布SEA絶賛

見よ、この豪快なスイング! マルテが掛布SEAの前で初打席アーチだ(撮影・山田喜貴)

見よ、この豪快なスイング! マルテが掛布SEAの前で初打席アーチだ(撮影・山田喜貴)【拡大】

 阪神春季キャンプ(11日、沖縄・宜野座)新たな伝説の幕開けだ! 阪神の新外国人、ジェフリー・マルテ内野手(27)が11日、紅白戦に紅組の「5番・一塁」で出場し、実戦デビューした。背番号「31」のレジェンド、掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA、63)の前で一回にいきなり初打席アーチを左翼へ放り込むなど、2安打3打点。虎の栄光の背番号に恥じない活躍へ、まずは大きな一歩目を踏み出した。

 右手を離し、大きなフォロースルーで曇天の宜野座へ架かる放物線を見つめた。これが虎待望の大砲の打球! メジャーリーガーの弾道だ! 高々と舞い上がった白球が左翼の芝生席に跳ねるとどよめきと拍手、そして止まらないワクワク感が球場に充満した。鮮烈すぎるデビュー。マルテが「31」をつけた背中を揺らし、走り出した。

 「いいスイングで、いいコンタクトができた。初球からしっかりスイングすることを心がけた」

 阪神の新助っ人では2004年のキンケード以来15年ぶりとなる実戦初打席本塁打は、一回2死三塁。カウント3-1から小野の138キロをとらえた。さらに二回2死一、二塁では冷静に変化球を見極め、フルカウントから8球目。「(カウント的に)カーブも頭に入れながら」外寄り140キロを中前適時打。三回の守備から御役御免も、わずか2打席で大きなインパクトを残した。

【続きを読む】

  • 久慈コーチのノックを受ける阪神・マルテ=宜野座(撮影・松永渉平)
  • 紅白戦の1回、2点本塁打を放った阪神・マルテ=沖縄(撮影・松永渉平)
  • 1回、二点本塁打を放つ阪神・マルテ=沖縄(撮影・水島啓輔)
  • ベンチ前でキャッチボールする阪神・鳥谷=宜野座(撮影・松永渉平)
  • 3回、投球する阪神・伊藤和=宜野座(撮影・水島啓輔)
  • 紅白戦の2回、適時打を放つ阪神・大山=沖縄(撮影・水島啓輔)
  • 5回、投球する阪神・斎藤=宜野座(撮影・水島啓輔)
  • 5回、安打を放つ阪神・木浪=宜野座(撮影・水島啓輔)
  • 紅組2番手の阪神・伊藤和=宜野座(撮影・松永渉平)
  • 白組3番手の阪神・飯田=宜野座(撮影・松永渉平)
  • マルテ全打席
  • ジェフリー・マルテの年度別打撃成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・マルテ、初実戦初打席で初弾!「31」大先輩・掛布SEA絶賛