2019.2.11 18:26

日本代表・稲葉監督、村上&根尾の“ティーン侍”にも熱視線

日本代表・稲葉監督、村上&根尾の“ティーン侍”にも熱視線

特集:
侍ジャパン
予定にはなかった中日の2軍キャンプを電撃視察した侍ジャパンの稲葉監督(左)

予定にはなかった中日の2軍キャンプを電撃視察した侍ジャパンの稲葉監督(左)【拡大】

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(46)が十代の“若き侍”にエールを送った。

 沖縄キャンプ視察最終日の11日、浦添市のヤクルトキャンプ、宜野湾市のDeNAキャンプを相次いで訪問。さらに午後からは予定になかった読谷村の中日2軍キャンプを電撃訪問。小笠原2軍監督と会談した際、ドラフト1位ルーキー・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=からもあいさつを受け、未来のスター候補の練習を見守った。

 ヤクルトでは高卒2年目のスラッガー、村上宗隆内野手(19)にも注目した。フリー打撃を直接見ることはできなかったが、稲葉監督がプロ入りしたときの担当スカウトで縁が深い小川監督と話し込み、現在のコンディションなどを聞いた。

 「(村上は)フルパワーといいますか、遠くに飛ばすということに関しては非常にたけているものがある。ジャパンは今、三塁をどうしようかなというところで、こういう若い選手が出てきてくれるとうれしいかなと思います」と稲葉監督。

 3月9、10日に「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」として行われるメキシコとの強化試合(京セラ)に向けた代表候補に入るなど注視しており、「彼はまだ1軍、レギュラーをつかむというところが目標になると思いますが、しっかりと結果を残せば、代表というのも当然考えられる選手」と、若きスラッガーの大ブレークに期待を寄せた。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 日本代表・稲葉監督、村上&根尾の“ティーン侍”にも熱視線