2019.2.11 12:04

オリックス・田嶋、捕手を座らせて初投球

オリックス・田嶋、捕手を座らせて初投球

ブルペンで投球練習するオリックス・田嶋と山田臨時コーチ=宮崎(撮影・村本聡)

ブルペンで投球練習するオリックス・田嶋と山田臨時コーチ=宮崎(撮影・村本聡)【拡大】

 左肘痛のため、2軍キャンプでリハビリ中のオリックス・田嶋大樹投手(22)が11日、今キャンプ3度目となるブルペンに入った。

 前日10日に続き、連投となったが、まずは捕手を立たせて31球。その後、約8カ月ぶりとなる捕手を座らせ、17球を投じた。状態の良さを伺わせ「身体の張りもなかったので続けて投げて、暖かかったので最後(捕手を)座らせて投げました。特に問題なく、やれています」と振り返った。

 ルーキーイヤーの昨年、前半戦だけで6勝をマークした田嶋は、6月下旬に左肘を痛め、負傷離脱。残りのシーズンはリハビリに費やした。今キャンプではここまで順調に来ており、「焦りはない。自分のペースで出来ています。なるべく開幕に合わせて、多少前後しても焦らず。焦って去年の二の舞にはなりたくない。自主トレでもしっかり準備してきたので、計画通り、予定通りに来ています」と話した。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. オリックス・田嶋、捕手を座らせて初投球