2019.2.7 17:24

東洋大・山下、鹿取義隆氏から“新シンカー”伝授

東洋大・山下、鹿取義隆氏から“新シンカー”伝授

東洋大・山下雅善投手は、前巨人ゼネラルマネジャーの鹿取義隆氏(左後方)からアドバイスを受けた=川崎市(撮影・赤堀宏幸)

東洋大・山下雅善投手は、前巨人ゼネラルマネジャーの鹿取義隆氏(左後方)からアドバイスを受けた=川崎市(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 全日本大学野球連盟主催の冬季トレーニング第2日は7日、川崎市のジャイアンツ球場室内練習場で行われ、右横手投げで注目されている東洋大・山下雅善投手(3年)が同タイプで巨人で活躍した鹿取義隆氏(前巨人ゼネラルマネジャー)から新種のシンカーを伝授された。

 近鉄や南海で活躍した山下登投手(故人)が祖父という山下は、自身でもシンカーを投げてきているが、「そのまま投げれば落ちる感じの新しいボール。左打者を押えるのに使えれば」とアドバイスによる好感触を表した。

 昨秋、東洋大は3季連続リーグ優勝を狙ったが達成できなかった。それもドラフトで上茶谷大河投手がDeNA1位、甲斐野央投手がソフトバンク1位、梅津晃大投手が中日2位と先輩3右腕がプロに進む強力投手陣があっても成し遂げられなかっただけに、2季ぶりの“戦国東都制覇”めざす東洋大にとって、最速143キロの山下が『新球』マスターによることで主戦に躍り出てくるかもポイントの一つになりそうだ。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東洋大・山下、鹿取義隆氏から“新シンカー”伝授