2019.2.7 10:00(1/3ページ)

【直撃】DeNAに革命もたらすデータ解析プロ集団

【直撃】

DeNAに革命もたらすデータ解析プロ集団

今キャンプの一場面。スイングのデータが表示されたタブレット端末を筒香(左)、ロペスが真剣な表情でのぞきこむ (撮影・斎藤浩一)

今キャンプの一場面。スイングのデータが表示されたタブレット端末を筒香(左)、ロペスが真剣な表情でのぞきこむ (撮影・斎藤浩一)【拡大】

 球界の話題の人物、事象に迫る『直撃』。今回はキャンプ特別版として、DeNAが推し進める“IT戦略”に焦点を当てる。膨大なデータの収集と分析でチームを支えているのが、チーム戦略部に所属する7人のゲームアナリスト(旧スコアラー)と、R&D(リサーチ&デベロップメント)グループの4人の精鋭。沖縄・宜野湾キャンプにも帯同しているデータ分析集団の秘密に迫るべく、チーム戦略部の壁谷周介部長(41)に話を聞いた。(取材構成・湯浅大)

 まさにDeNAの頭脳だ。膨大なデータを利用し、戦力アップにつなげる役割を担うチーム戦略部に“潜入”した。

 「トラックマンのデータはNPB11球団及び海外球団で共有する仕組みです。そこから同じものを、どう“料理”するかの勝負になります」

 11人の精鋭が所属するチーム戦略部をまとめる壁谷氏が明かした。

 現在、広島を除く11球団が本拠地にトラックマン(高性能弾道測定器)を設置し、打球の飛距離、投球の回転数などを計測している。DeNAでは今キャンプに携帯型トラックマンも導入。ただ、その数字はあくまで“材料”に過ぎない。

 2013年から小規模で運営されていたチーム戦略部内に昨オフ、統計解析を専門とするR&Dグループを新設。東大出身のITコンサルタントやスタンフォード大大学院の統計学修士を持つ田中秀幸氏(29)を採用し、今季から金融工学修士や情報工学修士という「野球界にはいなかった人材」を加えた。

【続きを読む】

  • DeNAを支えるチーム戦略部の(右から)壁谷氏、田中氏(撮影・湯浅大)
  • DeNA・ラミレス監督のバット軌道解析のため、グリップエンドに装着された小型センサー=奄美市・名瀬運動公園(撮影・斎藤浩一)
  • ブルペンに設置された「トラックマン」と解析関係者(左)=沖縄・宜野湾(撮影・斎藤浩一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 【直撃】DeNAに革命もたらすデータ解析プロ集団