2019.2.6 05:04(2/2ページ)

阪神・浜地、緊急弟子入り“憲伸カットボール” 教わった即!手応えあり

阪神・浜地、緊急弟子入り“憲伸カットボール” 教わった即!手応えあり

浜地(右)は川上氏(左)を直撃し、カットボールの握り方から教えてもらった

浜地(右)は川上氏(左)を直撃し、カットボールの握り方から教えてもらった【拡大】

 初めて1軍キャンプに呼ばれた今春は、第1クールで投手MVPに選ばれた。矢野監督は「(浜地が)去年から取り組んでいるなかで一番、いい感じになりつつあるのがカット系の球だった」と往年の使い手から学んだ若虎に笑顔。さらなる成長を期待している。

 「素晴らしい投手で、学ぶところもたくさんある。機会があれば(また)聞きたいです」

 今後は7日の紅白戦に2イニング、登板する予定。教えをモノにして、ライバルたちに差をつける。 (箭内桃子)

浜地について阪神・金村投手コーチ「こちらから指示はしていないから、浜地本人の意思で(川上氏に)聞きにいったんでしょう。すごくいいこと。どんどん聞きにいってもらいたい」

浜地 真澄(はまち・ますみ)

 1998(平成10)年5月25日生まれ、20歳。福岡県出身。元岡小1年から投手として野球を始め、元岡中から福岡大大濠高へ。1年秋からベンチ入り。3年春の九州大会で優勝も夏の福岡大会は初戦敗退。甲子園出場なし。2017年D4位で阪神入団。昨季はウエスタン9試合に登板し、3勝1敗1S、防御率1・00。185センチ、89キロ。右投げ右打ち。年俸500万円。背番号「36」

川上 憲伸(かわかみ・けんしん)

 1975(昭和50)年6月22日、徳島県生まれの43歳。徳島商高ではエースで4番として3年春に選抜出場。明大から98年D1位で中日入団し、同年は14勝で新人王。2004年には17勝で最多勝、06年は最高勝率、最多勝、最多奪三振でリーグ制覇に貢献。海外FA権を行使して09年にブレーブスへ。12年に中日に復帰するも、故障続きで15年に退団。17年に引退を表明した。日米通算325試合に登板し125勝98敗2S、防御率3・37。現役時代は179センチ、90キロ。右投げ右打ち。

キャンプ日程へ

  • 浜地は午後の個別メニューで教わったばかりのカットボールを試す(撮影・森本幸一)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・浜地、緊急弟子入り“憲伸カットボール” 教わった即!手応えあり