2019.2.6 05:03(1/2ページ)

阪神・マルテは勝ち気!糸井を見て火ついたメディシンボールほうり投げ対決

阪神・マルテは勝ち気!糸井を見て火ついたメディシンボールほうり投げ対決

特集:
糸井嘉男
オリャ~! マルテらはメディシンボールを投げ上げるトレーニングに励む(撮影・水島啓輔)

オリャ~! マルテらはメディシンボールを投げ上げるトレーニングに励む(撮影・水島啓輔)【拡大】

 阪神春季キャンプ(5日、沖縄・宜野座)思わぬ場外戦!? 阪神の沖縄・宜野座キャンプは雨天のため屋内での練習となり、ジェフリー・マルテ内野手(27)と糸井嘉男外野手(37)がメディシンボールを使ったトレーニングで怪力を競った。結果は糸井の勝利だったが、新助っ人のパワーには超人も太鼓判。マルテは7日の紅白戦出場にもスタンバイOKを宣言し、期待は高まるばかりだ。

 糸井のパワーを見たマルテの、負けず嫌いに火がついた。重さ約3キロのメディシンボールを両手で頭上に投げる体幹トレーニング。糸井が投げれば、負けじとマルテも投げる。5回で終わる予定が、競ってそれぞれ約10回も投げた。

 「言われたメニューをしっかり自分の中で全力でやろうと思った。あれは筋力と言うよりもテクニック。パワーどうこうは考えていなかったよ」

 助っ人はサラリと応えたが、熱が入っていたのは明らかだった。マルテが投げると、筒井外野守備走塁コーチがその高さに感嘆の声をあげて大盛り上がり。それを見ていた糸井も参戦。投げ上げた高さではなく滞空時間を計測していたのだが、M砲の2秒68に対し、超人は2秒74。勝利を収めた!? ものの糸井は「スゴいよ、あいつ」と目を丸くした。ちなみに1位は藤浪で2秒77だった。

【続きを読む】

  • エイヤ~!マルテがボールを投げ上げれば
  • ソリャ~!糸井も負けじと挑戦。熱い戦いが繰り広げられた!?
  • 打撃練習する阪神・マルテ=沖縄(撮影・松永渉平)
  • 打撃練習する阪神・糸井=沖縄(撮影・松永渉平)
  • 守備練習でボールに飛びつく阪神・糸井=沖縄(撮影・松永渉平)
  • トレーニングに臨む阪神・糸井=沖縄(撮影・水島啓輔)
  • ブルペンで投球練習する阪神・藤浪=沖縄(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・マルテは勝ち気!糸井を見て火ついたメディシンボールほうり投げ対決