2019.2.6 05:04(1/2ページ)

西武・内海、気迫99球!元G戦士・長野に会って“投魂”もらった

西武・内海、気迫99球!元G戦士・長野に会って“投魂”もらった

99球を投げ込んだ内海。練習休日前日の3日夜、あの男と再会していた (撮影・戸加里真司)

99球を投げ込んだ内海。練習休日前日の3日夜、あの男と再会していた (撮影・戸加里真司)【拡大】

 西武春季キャンプ(5日、宮崎・南郷)フリーエージェント(FA)で巨人に移籍した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償として西武に加入した内海哲也投手(36)が5日、宮崎・南郷町キャンプでブルペン入りし、捕手を座らせて今キャンプ最多の99球を投じた。3日には、自身と同じく人的補償で巨人から広島に移籍した長野久義外野手(34)を西武投手陣の会合に“サプライズ招待”。エールを交換したことを明かした。

 しっかりとパワーを充電した内海が、今キャンプ最多の99球を投じた。

 「キリが悪いですか? いや、逆にいいでしょう(笑)」

 ベテラン左腕は、チェンジアップの落ち幅を確認しながら投げ、「もう少しストライクが取れればよかった。でも休み明けは、いつもよくない。その割にはよかったかな」と、うなずいた。

 同じ境遇に立つあの男と、東京から遠く離れた宮崎で再会した。3日の夜に日南市内で行われた内海の歓迎会を兼ねた西武の投手会。会場は広島宿舎にほど近い飲食店だった。「チョーさん(長野)がいるんだと思ってうれしくなった」という左腕が電話を掛けると、なんと、約30分後に長野がサプライズ登場。ビックリする西武投手陣をよそに、長野は「内海さんをよろしくお願いします!!」と頭を下げ、2分間ほどで颯爽と去っていったという。

【続きを読む】

  • ブルペン投球を行った西武・内海=宮崎(撮影・戸加里真司)
  • ブルペン投球を行った西武・内海=宮崎(撮影・戸加里真司)
  • 投手陣一番乗りでフリー打撃に登板した西武・平井=日南・南郷
  • 特守を受ける西武・森=日南・南郷
  • 特守を行った西武・森=宮崎(撮影・戸加里真司)
  • ブルペン投球を終え、挨拶する西武・松本=宮崎(撮影・戸加里真司)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・内海、気迫99球!元G戦士・長野に会って“投魂”もらった