2019.2.3 05:04(1/2ページ)

広島・長野、おもてなし弾だ!真後ろから総帥声かけ直後に柵越え

広島・長野、おもてなし弾だ!真後ろから総帥声かけ直後に柵越え

ランチタイムに打撃練習を行った長野

ランチタイムに打撃練習を行った長野【拡大】

 広島春季キャンプ(2日、宮崎・日南)巨人にフリーエージェント(FA)移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償で広島に加入した長野久義外野手(34)が2日、ランチタイム特打(昼食時間に行うフリー打撃)で“カープ第1号”となる柵越えを放った。松田元オーナー(67)やOBの前田智徳氏(47)、巨人前監督の高橋由伸氏(43)らが視察している中での柵越えに、松田オーナーは「何かの縁を感じるな」と大喜びだった。

 “総帥”の視察初日に柵越えを放って、滝川クリステルばりの「お・も・て・な・し」に成功だ。長野がキャンプ初日に続き、ランチ特打に登場。ビジター用の真っ赤なユニホームに身を包み、“カープ1号”となる柵越えを放った。

 通算1753安打で昨季まで選手と監督の間柄だった高橋氏、通算2119安打の“孤高の天才”前田氏、そして松田オーナーが一塁ベンチから熱い視線を送る中、92スイング目に左越えに一発。さらに、同オーナーが一塁ベンチ前から打撃ケージの真後ろにやって来て声をかけた直後の101スイング目にも、力一杯に左翼へ引っ張り2発目の柵越えを放った。

【続きを読む】

  • 打撃ケージの後ろまで歩み寄った松田オーナー。この直後に長野の2発目が飛び出した
  • 前巨人監督の高橋氏(右端)と前田氏(同2人目)に挨拶する鈴木(背中中央)と長野(左端)
  • 巨人前監督の高橋由伸氏(中央)と話す広島・長野(左)。右は緒方監督=日南
  • 巨人前監督の高橋由伸氏(右)と握手する広島・長野=日南
  • ランチ特打を行う巨人・長野=宮崎
  • 練習を終え、宿舎に引き上げる広島・長野=宮崎(撮影・加藤孝規)
  • 広島・長野のこの日の動き
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島・長野、おもてなし弾だ!真後ろから総帥声かけ直後に柵越え