2019.2.2 17:28

立大に大阪桐蔭の春夏甲子園連覇コンビ入寮/東京六大学

立大に大阪桐蔭の春夏甲子園連覇コンビ入寮/東京六大学

立大に入寮した昨春夏甲子園連覇の大阪桐蔭・山田健太(右)と宮崎仁斗=新座市(撮影・赤堀宏幸)

立大に入寮した昨春夏甲子園連覇の大阪桐蔭・山田健太(右)と宮崎仁斗=新座市(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球の立大野球部合宿所(智徳寮、埼玉県新座市)に2日、昨年春夏甲子園連覇の大阪桐蔭・山田健太内野手と宮崎仁斗(じんと)外野手が入寮した。

 大阪桐蔭の2年生時の2014年全国制覇した田中誠也投手(3年)が2017年に立大で大学日本一を経験しており、その田中から立大の施設や環境などを聞かされていた山田は、プロでなく東京六大学野球でのプレーを希望し、アスリート推薦で立大を受験し、コミュニティ福祉学部に合格し、この日同様に合格した宮崎とともに入寮した。

 田中ら先輩に続き、高校と大学日本一をめざし、3日に大学野球のスタートを切る。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 立大に大阪桐蔭の春夏甲子園連覇コンビ入寮/東京六大学