2019.2.1 14:02

ダルビッシュ、プロ野球キャンプインで自虐「強制送還され世間に衝撃与えた」

ダルビッシュ、プロ野球キャンプインで自虐「強制送還され世間に衝撃与えた」

特集:
ダルビッシュ有
ダルビッシュ有投手

ダルビッシュ有投手【拡大】

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(32)が1日、自身のツイッターを更新。この日、プロ野球がキャンプインしたことを受けて自身の思い出を振り返った。

 ダルビッシュは「プロ野球キャンプイン!」と書き出し「1年目のキャンプ初日、東風平にある球場ブルペンで芝草さんの球をピッチャー側から見て衝撃を受けた。んで800円の水を愛飲していると聞いてさらに衝撃を受けた」と日本ハムのルーキー時代を回顧。続けて「その3週間後パチンコ、タバコで強制送還されさらにさらに世間に衝撃を与えた」と“自虐”した。

 ダルビッシュの“自虐ネタ”に、ファンからは「懐かしい事件」とのコメントのほか「その後の活躍の方が我々にさらに衝撃を与えてくれてますよ」といった声が寄せられた。中には「そんな1年目の姿を鎌ヶ谷で見てました。当時はサインありがとうございました。今でも我が家の家宝です」という書込みもあり、ダルビッシュは「ゴミにならなくて良かったです」と返信している。

 ダルビッシュはプロ1年目の2005年、春季キャンプ中に沖縄・那覇市内のパチンコ店で喫煙しているところを写真週刊誌に撮られたことが発覚。ドラフト前にも喫煙騒動を起こしており、球団は無期限謹慎処分とし、2軍本拠地の鎌ケ谷(球団寮)に強制送還。その後、謝罪会見を開き、謹慎は19日間で解除された。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. ダルビッシュ、プロ野球キャンプインで自虐「強制送還され世間に衝撃与えた」