2019.1.30 08:00(1/2ページ)

【佐藤春佳のスポーツブレーク】DeNA・筒香&ヤクルト・山田、禅の“境地”

【佐藤春佳のスポーツブレーク】

DeNA・筒香&ヤクルト・山田、禅の“境地”

特集:
佐藤春佳のスポーツブレーク
DeNA・筒香

DeNA・筒香【拡大】

 目を開かされた。

 「正直、ボールは全く見ていないです」。

 今月20日、和歌山・橋本市で行われたDeNA・筒香嘉智外野手(27)の「スポーツ推進アドバイザー」の就任式でのこと。指導法の改善に向けた提言の中で明かした、打席での心構えの“境地”が実に興味深かった。

 筒香 「目というのはコマ送りで映像が流れているので、見れば見るほど、必ず途切れて錯覚が起こる。球場全体の真ん中に投手がいる、という感覚で見た方が、実はボールはよく見えているんです」

 昨季38本塁打の『ハマの主砲』が打席で球を見ていない? 驚きとともに、頭の中である選手の言葉とつながった。ヤクルト担当時代、山田哲人内野手(26)に盗塁の心得を聞いたときのことだ。塁上でスタートを切る前、相手投手のどこを見ているか、という問いにこう答えた。

 山田哲 「どこかを見ようとすると駄目。ボーッと見る。焦点を定めずに全体的にぼんやりと見る感じです」

 まさに目からウロコ。普通の人は「集中」という概念を、カメラのレンズをズームアップするように一点に絞り込む感覚で捉えているものだが、彼らは真逆だ。まるで風景画のように焦点をしぼらずに広角に構えている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【佐藤春佳のスポーツブレーク】DeNA・筒香&ヤクルト・山田、禅の“境地”