2019.1.29 17:41

ソフトバンク、17年ぶりに新人4人が1軍スタート 工藤監督も期待

ソフトバンク、17年ぶりに新人4人が1軍スタート 工藤監督も期待

監督コーチ会議を終えて、取材に応じるソフトバンク・工藤監督=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

監督コーチ会議を終えて、取材に応じるソフトバンク・工藤監督=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 ソフトバンクは29日、ヤフオクドームで監督コーチ会議を開き、2月1日に始まる春季キャンプの組分けを行った。ドラフト1位・甲斐野央投手(22)=東洋大、同2位・杉山一樹投手(21)=三菱重工広島、板東湧梧投手(23)=JR東日本、奥村政稔投手(26)=三菱日立パワーシステムズ=が1軍のA組に決まった。新人4人がA組でスタートするのは、チームでは2002年以来、17年ぶり。工藤公康監督(55)は「球団は即戦力として取っている。直に見たいし、その力は持っていると判断しました」と期待を込めた。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトバンク、17年ぶりに新人4人が1軍スタート 工藤監督も期待