2019.1.26 23:08

仙台大硬式野球部創部50周年祝賀会を開催

仙台大硬式野球部創部50周年祝賀会を開催

仙台大硬式野球部の創部50周年記念祝賀会にビデオレターを寄せたDeNA・熊原。頭部分が切れていたのはご愛敬だが「勝負の年。1軍定着を目指す」と誓った(撮影・井上幸治)

仙台大硬式野球部の創部50周年記念祝賀会にビデオレターを寄せたDeNA・熊原。頭部分が切れていたのはご愛敬だが「勝負の年。1軍定着を目指す」と誓った(撮影・井上幸治)【拡大】

 仙台六大学野球リーグの仙台大は26日、仙台市のメルパルク仙台で、創部50周年の記念祝賀会を開催した。

 会には、森本吉謙監督ら現在のコーチ・スタッフをはじめ、1期生から48期生までのOB・OGら約170人が出席。約2時間、旧交を温めた。

 2016年ドラフト2位でDeNA入りし、同部初のプロ野球選手となった熊原健人投手(46期生)、18年に同部初のドラフト1位で阪神へ入団した馬場皐輔投手(48期生)は不参加だったが、ともにビデオレターで“出席”。過去3年で通算4勝(2敗)、昨年は1軍登板なしに終わった熊原は「今年は勝負の年。1軍定着を目指して頑張る」と4年目の飛躍を誓い、ルーキーイヤーで0勝1敗だった馬場は「今年はしっかりと1軍で投げる」と2年目の決意を口にした。

 最後は森本監督が挨拶。「(物事が)50年続くということは、意味や価値があること。我々は勝つことで(皆様に)喜びや誇りを届けられる。これからも全力を尽くしたい」と話し、3季ぶりのリーグ優勝、4年ぶりの全日本大学選手権出場へ力を込めた。

  • 仙台六大学リーグ・仙台大硬式野球部の創部50周年記念祝賀会が行われ、同部の森本監督は「勝つことで喜びや誇りを届けられる。全力を尽くしたい」と挨拶した(撮影・井上幸治)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 仙台大硬式野球部創部50周年祝賀会を開催