2019.1.25 08:00

【番記者・湯浅大が見たラミレス監督】親切で常に笑みを絶やさない

【番記者・湯浅大が見たラミレス監督】

親切で常に笑みを絶やさない

日本国籍取得の喜びを語るDeNAのアレックス・ラミレス監督=24日、横浜市内の球団事務所

日本国籍取得の喜びを語るDeNAのアレックス・ラミレス監督=24日、横浜市内の球団事務所【拡大】

 晴れて日本人になったラミレス監督は早速、日本語でスピーチした。

 「昨日から日本人デス。もちろん、私の日本語はまだまだデス。でもこれから勉強します。よろしくお願いします」

 細かいニュアンスの行き違いがないよう現在も通訳を伴っているが、こちらが話す言葉は大体理解している。日本語の質問に、通訳を待たずに答えることもある。これから夫人との“共通語”も日本語になるという。それでも「日本人の中で(上手に)日本語ができないのは僕だけ」と控えめに笑った。

 日本の魅力について「相手を敬い、尊重する姿勢」と即答し「私も長く日本に住むことで、よりよい人間になれたと思う」と続けた。親切で、グラウンドを離れれば常に笑みを絶やさない。2001年の来日以降、日本人から大きな愛をもらったというが、ラミレス監督は、それに負けない愛情をファンに注いでいる。 (DeNA担当)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 【番記者・湯浅大が見たラミレス監督】親切で常に笑みを絶やさない