2019.1.25 05:02

DeNAドラ1・上茶谷、南場オーナー“一発芸”のむちゃぶりに応えた

DeNAドラ1・上茶谷、南場オーナー“一発芸”のむちゃぶりに応えた

南場オーナー(左)は、ものまねが得意という上茶谷に“むちゃぶり”。完璧な(?)ロペスの形態模写に大喜びだった(撮影・荒木孝雄)

南場オーナー(左)は、ものまねが得意という上茶谷に“むちゃぶり”。完璧な(?)ロペスの形態模写に大喜びだった(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 ドラフト1位・上茶谷大河投手(22)=東洋大=らDeNAの新人7選手が24日、東京・渋谷区のディー・エヌ・エー本社を訪問し、恒例の名刺交換や南場智子オーナー(56)の講義を受けた。

 「給料をもらう立場は学生とは違う。ファンからは一挙手一投足の全てを見られている。人生を輝かせるためにプレーしてください」

 まず、南場オーナーは社会人として責任感を強く求めた。さらに、自身の経験も踏まえ(1)ファンへの感謝(2)努力と工夫(3)苦しいときこそ真価を発揮せよ-との心構えを伝授し「努力をする者が人生を楽しくし、工夫できる人が高い目標に到達できる。工夫の1000本ノックを」と訴えた。

 先発候補と期待される上茶谷には“一発芸”を求めるむちゃぶりも。期待の最速152キロ右腕が同僚のロペスのまねを披露すると、南場オーナーは「ロペちゃんかと思いました」と笑った。

 「緊張しました。言ってくだされば、誰(のまね)でもやります」と汗を拭った上茶谷だが「ファンを大切に、感謝の気持ちを忘れない選手に」と決意表明。経営トップの重みのある言葉に、ルーキーたちは気持ちを新たにしていた。

D2位・伊藤裕(立正大)「南場オーナーからの『人のために動く』という話が印象に残りました」

D3位・大貫(新日鉄住金鹿島)「南場オーナーは非常に気さくな方でした」

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  • ホセ・ロペス
  • 新入団選手達に講義を行うDeNA・南場智子オーナー=渋谷区のDeNA本社(撮影・荒木孝雄)
  • 南場智子オーナー(左)の前でロペスの物まねを披露するDeNAのD1・上茶谷(右)=DeNA本社(撮影・荒木孝雄)
  • 本社を訪問し、南場オーナー(左から4人目)と名刺交換を行うドラフト1位の上茶谷(中央)らDeNA新入団選手。左はDeNAランニングクラブに入部した東海大駅伝部・湊谷春紀主将=渋谷区のDeNA本社(撮影・荒木孝雄)
  • 新入団選手本社訪問を終え、笑顔のDeNA・南場オーナー=渋谷区のDeNA本社(撮影・荒木孝雄)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNAドラ1・上茶谷、南場オーナー“一発芸”のむちゃぶりに応えた