2019.1.24 05:03(1/2ページ)

やったぜ矢野チルドレン!阪神・浜地&守屋、初1軍Cスタート

やったぜ矢野チルドレン!阪神・浜地&守屋、初1軍Cスタート

鳴尾浜でブルペン入りした浜地。“矢野チルドレン”が宜野座切符だ(撮影・甘利慈)

鳴尾浜でブルペン入りした浜地。“矢野チルドレン”が宜野座切符だ(撮影・甘利慈)【拡大】

 “矢野チルドレン”も宜野座行き決定!! 今季5年目の守屋功輝投手(25)と3年目の浜地真澄投手(20)が23日、ともに初の1軍キャンプスタートとなった。昨季2軍で矢野燿大監督(50)のもと力をつけた若虎コンビが、つかんだチャンスをものにする。

 初めての沖縄で“矢野チルドレン”がアツく火花を散らし合う。競争の台風の目になるのは、昨季矢野2軍監督のもとで成長を遂げた2人。初の1軍キャンプスタートの守屋と浜地が存在感を発揮する。

 守屋「去年教わったことをしっかり意識して。活躍することが期待に応えることだと思う。期待以上に応えられるように頑張っていきたいです」

 浜地「アピールしていきたいですし、1軍の打者との対戦する機会がでてくるのでそのレベルを体感できたら」

 この日、2人は鳴尾浜で練習。守屋は中継ぎ右腕としてブレークが期待されながら、昨季1軍4試合の登板にとどまり、防御率11・57と結果を残せなかった。それでもファームでは39試合に登板。内角を強気に攻めるスタイルで秋季キャンプでアピールに成功し、指揮官の心をつかんだ。

【続きを読む】

  • 鳴尾浜でブルペン入りした守屋。“矢野チルドレン”が宜野座切符だ(撮影・甘利慈)
  • キャッチボールをする阪神・浜地=鳴尾浜球場(撮影・甘利慈)
  • 阪神・浜地と守屋の比較
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. やったぜ矢野チルドレン!阪神・浜地&守屋、初1軍Cスタート