2019.1.24 05:00(1/3ページ)

【虎のソナタ】矢野監督のパッション堪能して

【虎のソナタ】

矢野監督のパッション堪能して

特集:
虎のソナタ
新人合同自主トレで八木裕氏(右)と握手する近本(左)。後ろは上田二朗氏

新人合同自主トレで八木裕氏(右)と握手する近本(左)。後ろは上田二朗氏【拡大】

 実はプチ自慢ではありますが、わが家からホンの直線にして70メートルの距離に、かつて湯川秀樹博士がお住まいでございました。

 だからといって…1907(明治40)年にお生まれになって、1981(昭和56)年9月8日、74歳で亡くなられた世界的な物理学者。『中間子理論』で日本人初のノーベル賞を受賞された大変な方ですので、別に私めは博士と犬の散歩でスレ違い、恐れ多くも立ち話で「中間子論」を戦わしたわけでは絶対にない。当たり前だけど。

 博士が亡くなられたときは阪神タイガースはブレイザー監督がなぜかヒルトンというヤクルトをお払い箱になった内野手をかわいがり、黄金のルーキー岡田彰布(早大から新人王。のちに監督)という誰がみても岡田選手の方が上で、シロウト目にもその差が歴然としていたのに…ヒルトンを優先した。そのために東京六大学の星・岡田は米・アリゾナのキャンプでも、いつもグラブを4個(遊撃用、二塁、一塁、外野用)持って球場入りした。そしてあっちこっちした。それでもブレイザーはヒルトンを優先し続けて、ついに阪神ファンや球団、トラ番の総スカンを食い途中退団。中西太さんが監督になり、入団2年目でやっと岡田選手は二塁手のグラブだけをもち「開幕戦二塁」として出場した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【虎のソナタ】矢野監督のパッション堪能して