2019.1.21 05:00

巨人D1位・高橋、休日返上で田口と“共演” 同じ左腕「いい経験できた」

巨人D1位・高橋、休日返上で田口と“共演” 同じ左腕「いい経験できた」

特集:
2018ドラフト情報
田口の隣でキャッチボールを行う巨人・高橋(左)

田口の隣でキャッチボールを行う巨人・高橋(左)【拡大】

 巨人のドラフト1位・高橋優貴投手(21)=八戸学院大=が20日、川崎市のジャイアンツ球場で休日返上の練習を行った。この日は新人合同自主トレーニングが休日だったが、目標とする先発ローテーション入りへ、うずく体を抑えられなかった。

 「1日休んでいられるほど余裕もないと思う。まだまだ、練習をやらないといけない部分はあると思うので」

 先輩に学び、超える。同じ左腕で1歳上の田口、3年目の池田と球場入り。プロ入り後、初めて新人以外の選手と体を動かした。

 田口の隣でキャッチボールしたルーキーは「真っすぐの質というか、自分とは全く違いました。自分の中でもいい経験をできたのでよかった。すごく見習うことが多かった」と貴重な時間を過ごし、充実感を口にした。

 ローテ入りへ、田口はライバルにもなるだけに「今の段階では、自分はまだまだだと思うことがたくさんある。練習をして、いつかライバルになれるような存在になりたい。まずは自分が超えられるように」と武者震いした。宮崎キャンプ中の2月3日には1・2軍の若手による紅白戦も行われる。現時点で新人の出場は未定だが、期待の最速152キロ左腕は先を見据え、己を磨く。(赤尾裕希)

  • 池田(中央)と田口(右)とランニングを行った巨人・高橋
  • 巨人・池田(手前左)と田口(手前右)とグラウンドに入る高橋(奥)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人D1位・高橋、休日返上で田口と“共演” 同じ左腕「いい経験できた」