2019.1.20 10:01(1/2ページ)

ソフトB・上林の挑戦状「柳田、秋山の時代終わらせる」/東北スポーツ

ソフトB・上林の挑戦状「柳田、秋山の時代終わらせる」/東北スポーツ

特集:
侍ジャパン
東北スポーツ
昨年12月、福島で野球教室を開いた上林。今季は大きな目標に挑戦し、東北の子供たちに夢を届ける

昨年12月、福島で野球教室を開いた上林。今季は大きな目標に挑戦し、東北の子供たちに夢を届ける【拡大】

 プロ野球ソフトバンクの上林誠知外野手(23)=宮城・仙台育英高出身=が、今季の目標を「200安打」「トリプルスリーに近い数字」と掲げた。昨季は日本代表に名を連ねた次世代スラッガーは、キャンプインを前に自主トレ中。福島県でも競技が行われる2020年東京五輪出場にも関心を示し、「今季が大事」と決意をにじませた。

 決意のプロ6年目。王者ソフトバンクの中心打者に成長した上林が、大きな目標を掲げた。

 「チームは2年連続で日本一になったが、個人ではまだまだ。もっともっと成績を上げたい。『トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)』に近い数字と、『200安打』が目標」

 仙台育英高からプロ入り。5年目の昨季は右翼のレギュラーとして、打率・270、22本塁打、62打点、149安打と、いずれもキャリアハイを記録した。トリプルスリーは過去10人(12度)、200安打は6人(7度)だけの大記録。走攻守三拍子そろった若鷹が、史上初の“W達成”を狙う。

 大きな夢も膨らむ。昨年12月、師匠と仰ぐ同僚の内川聖一内野手(36)と福島・郡山市で野球教室を開催。2020年の東京五輪で野球・ソフトボール競技の会場(福島市の県営あづま球場)に決まっている福島で、出場への思いを改めて強くした。

【続きを読む】

  • ソフトバンク・柳田悠岐
  • 西武・秋山翔吾
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトB・上林の挑戦状「柳田、秋山の時代終わらせる」/東北スポーツ