2019.1.17 05:03

巨人・田中俊、広島・広輔と兄弟トレで鉄人の極意吸収

巨人・田中俊、広島・広輔と兄弟トレで鉄人の極意吸収

巨人・田中俊太(右)と兄の広島・田中広輔

巨人・田中俊太(右)と兄の広島・田中広輔【拡大】

 巨人・田中俊太内野手(25)が16日、沖縄・恩納村で兄の広島・田中広輔内野手(29)らと行っている合同自主トレを公開した。

 「体のケアや食事で気にする部分とか、体を万全な状態にするためにやるべきことをやっているんだなと、一緒に生活してみて感じています」

 右投げ左打ち、東海大相模高→東海大の経歴も同じ兄は、セ・リーグで現役最長の568試合連続フルイニング出場を続ける“鉄人”だ。1年目の昨季は99試合で打率・241だった俊太は、基本動作を繰り返す守備練習のほか、風呂での温冷交代浴などグラウンド内外で極意を学んでいる。

 今月10日から巨人・若林、ロッテ・中村奨、オリックス・鈴木昂とともに汗を流しており、刺激を受ける毎日だ。二塁の定位置奪取を期待される田中俊は「そこ(フルイニング出場)は、もちろん目指すところ」。チームは違えど尊敬する兄の背中を追いかける。 (谷川直之)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・田中俊、広島・広輔と兄弟トレで鉄人の極意吸収