2019.1.17 05:02

【解説】巨人・高田&大江、秋キャンプでも注目

【解説】

巨人・高田&大江、秋キャンプでも注目

巨人・高田萌生

巨人・高田萌生【拡大】

 巨人は16日、川崎市のジャイアンツ球場でコーチ会議を開き、原辰徳監督(60)が宮崎キャンプ3日目の2月3日に若手主体の紅白戦を行うことを明らかにした。1軍と2軍の若手同士を対戦させることで各選手の状態を把握し、競争意識を高めることが目的。巨人が実戦をキャンプイン直後に行うのは異例で「原体制」では史上最速。2019年の宮崎キャンプは“原流改革”で幕を開ける。

 投手では昨秋のキャンプで原監督が熱視線を送った高田、大江の20歳コンビに注目。高田は昨季2軍で11勝、85奪三振、防御率2.69、勝率.846の投手4冠に輝き、左腕の大江も将来の先発ローテーション入りを期待されている。

 昨季のドラフト1位・鍬原は、上半身のコンディション不良が癒えた今季こそ即戦力の期待に応えたい。救援での起用プランもある。

 野手では昨季2軍で18本塁打、87打点の2冠に輝いた高卒6年目の和田が注目株。右の大砲に、原監督も「噂通り」と評価する。パンチ力のある石川は昨季17試合出場に終わったが、まだ25歳。俊足・強肩を武器に昨季途中に支配下登録された松原、4年目の俊足外野手・重信も定位置奪取を狙う。 (巨人担当・谷川直之)

  • 巨人・大江竜聖
  • 巨人・1、2軍の春季キャンプまでの主な日程
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【解説】巨人・高田&大江、秋キャンプでも注目