2019.1.16 10:00(1/2ページ)

楽天D5・佐藤、被災者のために「一球一球に魂を込めて投げる」/東北スポーツ

楽天D5・佐藤、被災者のために「一球一球に魂を込めて投げる」/東北スポーツ

特集:
2018ドラフト情報
東北スポーツ
閖上小中学校を訪問した佐藤は児童たちに迎えられ、笑顔をみせた=15日、名取市(撮影・土谷創造)

閖上小中学校を訪問した佐藤は児童たちに迎えられ、笑顔をみせた=15日、名取市(撮影・土谷創造)【拡大】

 プロ野球楽天の新人10選手が15日、東日本大震災で甚大な津波被害を受けた宮城・名取市閖上(ゆりあげ)地区の閖上小中学校を訪問した。新人で唯一の東北出身選手でドラフト5位・佐藤智輝投手(18)=山形中央高=は、敷地内にある「中学生慰霊碑」に祈りをささげ「東北出身として一番(被災者の気持ちを)分かっている。その思いを胸にプレーしたい」と強い決意をにじませた。

 花を手向け、目をつぶって両手を合わせた。初の被災地訪問に、新人唯一の東北出身、佐藤が心を震わせた。

 「隣の県(山形・寒河江市)出身で、人ごととは思えない。(被災者の)方々の思いは自分が一番分かるし、それを胸に、一球一球に魂を込めて投げていきたい」

 6年連続6度目となった楽天新人選手の被災地訪問。今年は津波被害で約750人の命が奪われた閖上地区に、昨年4月に開校した閖上小中学校へ足を運んだ。佐藤らは震災時の映像を視聴し、八森伸校長(56)の説明に聞き入った。校舎周辺に残る空き地や土地のかさ上げ工事の様子を静かに見つめた。

 慰霊碑には、津波で命を落とした旧閖上中の14人の名前が刻まれていた。当時の野球部エースの名前があると知らされ「野球がしたくてもできなかった人がいる。そういう人のためにも、一日一日、野球ができる喜びを感じて全力を尽くさなきゃいけない」。知らずに背筋が伸びた。

【続きを読む】

  • 復興工事の進む住宅地の中にある閖上小中学校を訪れ、慰霊碑に献花し手を合わせる楽天新入団選手(左から)清宮虎多朗、小郷裕哉、佐藤智輝、引地秀一郎、辰己涼介、太田光、弓削隼人、渡辺佳明、鈴木翔天、則本佳樹
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 楽天
  5. 楽天D5・佐藤、被災者のために「一球一球に魂を込めて投げる」/東北スポーツ