2019.1.16 05:03

中日D1・根尾、1軍キャンプ決定!2.3紅白戦に出る

中日D1・根尾、1軍キャンプ決定!2.3紅白戦に出る

特集:
2018ドラフト情報
合同自主トレでノックを受ける根尾。初実戦となる紅白戦出場へ意欲を示した(撮影・甘利慈)

合同自主トレでノックを受ける根尾。初実戦となる紅白戦出場へ意欲を示した(撮影・甘利慈)【拡大】

 中日は15日、ナゴヤ球場でスタッフ会議を行い、ドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=が2月1日からの春季キャンプで1軍(北谷)スタートとなることが決定した。与田剛監督(53)は初実戦となる同3日の紅白戦出場を示唆。この日、選手会主催の合同自主トレが始まり、根尾は“実戦デビュー”に向けて意気込んだ。

 根尾の1軍キャンプスタートが決まった。約2時間のスタッフ会議を終えた与田監督が明かした。

 「私の近くに置いておきます」

 2月3日にはさっそく初実戦となる紅白戦が行われる。当初、指揮官は「プロのレベルを知ってほしい」とベンチで見学させる予定だったが、「(キャンプイン直後の)1、2日の動きを見てから決めたい」と“方針転換”。根尾が紅白戦出場への準備について「はい。自分以外の選手もそうだと思う」と意欲を示すと、「まだ(出場させる)気持ちはゼロ。でも、その気持ちはしっかり受け止める」と心が動いた。

 13日で新人合同自主トレが終了し、この日から選手会主催の合同自主トレがスタート。34人(新人6人を含む)の竜戦士がナゴヤ球場のグラウンドに集結する中、遊撃の定位置を争うことになる京田から「根尾君、いっしょに走ろうか」と声をかけられた。2人で外野のポール間を30分間ランニング。インターバル中には話し込む場面もあり、根尾は「オフの過ごし方を聞いたりした。声をかけてくれてやさしかった」と感激した。

 もちろん、6歳上の先輩も野球になればライバルだ。「今後もしっかりと体を作っていきたい」。目標は、京田に追いつき、追い越す-。根尾のハートは“プロデビュー戦”となる2・3へと向いている。 (三木建次)

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  • 中日の合同自主トレで、京田(右)と並んでダッシュする根尾=ナゴヤ球場
  • 合同自主トレで軽快な動きを見せる中日・根尾=ナゴヤ球場
  • キャッチボールをする中日・根尾=ナゴヤ球場(撮影・甘利慈)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日D1・根尾、1軍キャンプ決定!2.3紅白戦に出る