2019.1.15 05:01

ヤクルト、五十嵐に背番号「53」用意 10年ぶり復帰で代名詞背負う

ヤクルト、五十嵐に背番号「53」用意 10年ぶり復帰で代名詞背負う

2009年10月の五十嵐。ヤクルトで再び53番のユニホームを着る

2009年10月の五十嵐。ヤクルトで再び53番のユニホームを着る【拡大】

 ヤクルトが、ソフトバンクを自由契約となり、10年ぶりの古巣復帰で基本合意した五十嵐亮太投手(39)に背番号「53」を用意していることが14日、分かった。前回在籍時にもつけた代名詞を背負い、中継ぎ陣を支える。

 五十嵐は千葉・敬愛学園高からヤクルトに入団した1998年から「53」を背負い、2009年オフに海外フリーエージェント権を行使して米大リーグ、メッツに移籍するまで着用した。12年ヤンキース、13-18年ソフトバンクでも着けており、五十嵐の代名詞といえる。昨季まで「53」をつけた2年目右腕の沼田は「90」に変更となる見込みだ。

 中継ぎとして期待がかかる五十嵐は昨年12月から米ハワイ州で自主トレを行っており、入団会見は今月下旬に行われる。年俸は昨季3億6000万円から大幅減となる2000万円程度となる見通し。昨年11月にソフトバンクから戦力外通告を受けた際には「投げたい。今年の悔しさや喜びを来年に生かせる自信がある」と力を込めていた右腕が、日米通算860試合に登板した経験を古巣に還元する。

  • ヤクルト・歴代背番号「53」
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト、五十嵐に背番号「53」用意 10年ぶり復帰で代名詞背負う