2019.1.15 05:03(1/2ページ)

『内海道』叩き込む!西武・内海、古巣巨人の今村&大江に“置き土産”

『内海道』叩き込む!西武・内海、古巣巨人の今村&大江に“置き土産”

サッカーで体を動かす内海(右)。大江(左)らに“魂”を伝授する日々でもある (撮影・谷川直之)

サッカーで体を動かす内海(右)。大江(左)らに“魂”を伝授する日々でもある (撮影・谷川直之)【拡大】

 フリーエージェント(FA)で巨人に加入した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償として西武に移籍した内海哲也投手(36)が14日、鹿児島・奄美市で自主トレを行った。ともに汗を流す巨人時代の後輩、今村信貴投手(24)と大江竜聖投手(20)の左腕コンビと張り合いながら、言葉と背中で“置き土産”を残している。

 “移籍ショック”の傷痕はない。新天地への意気込みは、西武をイメージしたという青い練習着にも表れた。気温21度ののどかな奄美大島に、内海の元気な声が響いた。

 「今村とか大江を見ていたら、(練習を)やりたいなという気持ちになる。これは悪くない。その流れに身を任せようかと思っています」

【続きを読む】

  • 巨人・今季期待の若手投手
  • “内海組”のこの日の練習メニュー
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 『内海道』叩き込む!西武・内海、古巣巨人の今村&大江に“置き土産”