2019.1.15 15:28

ソフトバンク・和田、左肩違和感から焦らず調整「やれる自信はある」

ソフトバンク・和田、左肩違和感から焦らず調整「やれる自信はある」

 2月で38歳になるサウスポーが復活を期し、長崎市で練習を行っている。ソフトバンクの和田毅投手は、左肩の違和感で昨季1軍登板なし。それでも「肩が万全になっていい状態で投げられれば、まだまだやれる自信はある。(先発枠で)競争できるような状態にしたい」と意気込んだ。

 109段の階段、坂道を繰り返し駆け上がり、下半身を鍛え抜いている。例年に比べて肩のトレーニングは多くなっているといい、約70メートルの遠投も既に行った。15日までに投球練習は再開していないが「もっと遠投で距離を伸ばしたいし、近い距離で強い球を投げたい。8、9割で腕を振れるようになってからブルペンに入りたい」と焦らずに調整を進めていく。「去年の一番嫌な時期に比べたら(怖さは)全然ない」と表情は明るかった。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトバンク・和田、左肩違和感から焦らず調整「やれる自信はある」