2019.1.15 18:30

巨人・吉川大 沖縄で自主トレ公開 基本重視の“稼頭央イズム”伝道師に

巨人・吉川大 沖縄で自主トレ公開 基本重視の“稼頭央イズム”伝道師に

坂本勇らと自主トレする吉川大。左は北村

坂本勇らと自主トレする吉川大。左は北村【拡大】

 巨人・吉川大幾内野手(26)が15日、坂本勇人内野手(30)らと沖縄・那覇市で自主トレした。

 昨オフまではPL学園高の大先輩、西武・松井稼頭央2軍監督(43)に師事した俊足内野手。昨季限りで現役引退した師匠から学んだ、ゴロ捕球などの練習メニューを“坂本組”に紹介した。

 「あんな派手なイメージですけど、地味なことをずっと反復練習する。僕も稼頭央さんの自主トレに行って、それが衝撃だった」と“稼頭央イズム”を伝えている。

 坂本勇に合同自主トレに誘われた際、一部の練習メニューの考案を任され「体幹(強化)とか一生懸命考えました」とメニューを持参。自身は4歳上の坂本勇より多くメニューをこなし、休養日の数も少なめで「自分が納得できている」と充実ぶりをうかがわせた。

 打撃面は積極的に主将に相談。「やっぱりすごい人。考え方とかもすごく勉強になる」と感謝した。2017年に1軍出場ゼロを経験したが、昨季は1軍に定着。プロ9年目へ「まずは守備と足。自分はそこだと思っている。去年はサブ的なポジションにいましたけど、そこから隙あらば狙う、という気持ちはあります」と気合を口にした。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・吉川大 沖縄で自主トレ公開 基本重視の“稼頭央イズム”伝道師に