2019.1.13 08:00

【上田二朗 サブマリン斬り】阪神・藤浪のワインドアップ、より大きく見え打者への威圧感

【上田二朗 サブマリン斬り】

阪神・藤浪のワインドアップ、より大きく見え打者への威圧感

特集:
上田二朗 サブマリン斬り
藤浪晋太郎
2013年の藤浪。1年目はワインドアップで投げていた

2013年の藤浪。1年目はワインドアップで投げていた【拡大】

 まだ5、6割の投球だろうが、藤浪に力強さが戻ってきた印象だ。振りかぶることで197センチの長身がより大きく見えるし、打者への威圧感が出てくる。まずは相手に怖さを与えることが大事だ。

 藤浪は腕も長いので、テークバックで右腕が一塁側に巻き込んでしまいがちだが、ワインドアップでは一塁側に深く入らなくなっている。余計な動きがなく、右腕がスムーズに上がっていきそうな感じがする。上半身と下半身のバランスもしっかり合っている。

 賢い選手だから、今までは考えすぎることもあったが、昨シーズンの後半から手応えをつかんできた。今ならワインドアップに戻しても問題ないと思う。あとはどんどん投げて、体で覚えさせたらいい。

 打者にどんどん向かっていくのが藤浪の持ち味。いろいろ試行錯誤を繰り返して、ワインドアップで原点を思い出したのではないだろうか。まさに原点回帰。藤浪にはタイガースのエースとして、攻撃的な投球を期待したい。 (サンケイスポーツ専属評論家)

  • 阪神・藤浪の年度別登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【上田二朗 サブマリン斬り】阪神・藤浪のワインドアップ、より大きく見え打者への威圧感