2019.1.13 05:01

阪神D5・川原、ついつい長崎弁 平田2軍監督に初あいさつ

阪神D5・川原、ついつい長崎弁 平田2軍監督に初あいさつ

特集:
2018ドラフト情報
キャッチボールをする阪神・川原=鳴尾浜球場(撮影・林俊志)

キャッチボールをする阪神・川原=鳴尾浜球場(撮影・林俊志)【拡大】

 阪神新人合同自主トレ(12日、鳴尾浜)阪神D5位・川原陸投手(創成館)は鳴尾浜を訪れた平田2軍監督と初めてあいさつを交わした。同じ長崎出身ということもあり「縁を感じます。偉大な方なので、追いつけるようにやっていきたい」と目を輝かせた。会話をした際にはついつい長崎弁が出てしまったといい、「僕はつられてしまうタイプなので」と苦笑い。この日は、キャッチボールやゴロの捕球練習などを行い、汗を流した。

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神D5・川原、ついつい長崎弁 平田2軍監督に初あいさつ