2019.1.13 05:04(2/2ページ)

日本ハムD1・吉田輝、“桜木花道魂”で1軍!スラムダンク主人公に「共感」

日本ハムD1・吉田輝、“桜木花道魂”で1軍!スラムダンク主人公に「共感」

特集:
2018ドラフト情報
キャッチボールをおこなう日本ハム・吉田輝=ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム(撮影・佐藤雄彦)

キャッチボールをおこなう日本ハム・吉田輝=ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム(撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 実は、作者の井上雄彦氏も同じ1月12日生まれ。金足農高のチームメートに勧められ、偶然にも昨年末に同作を読破したという吉田輝は、その主人公の姿に思うところがあった様子だ。

 「(桜木は)初心者だったけど僕もプロでは初心者。(感情を)態度に出しちゃいけないけど、心の中では強気でいいと思います」。プロの世界に飛び込んだ逸材は“花道流”で成長し続ける。 (吉村大佑)

★ゲーム機欲しい

 吉田輝は、自身へのプレゼントとしてリフレッシュになるプレイステーションの購入を検討中。「野球ゲームに、そろそろ自分が出てくる。どのくらいの能力か気になります」と笑った。この日は、合同トレ初日の700人を上回る800人のファンが詰めかけ『くまのプーさん』グッズなどを受け取って笑顔。また、球団は既にチケット2000枚が完売している13日の新入団選手歓迎式典で、鎌ケ谷スタジアムの内野スタンドを無料開放しパブリックビューイングを実施することを発表した。

SLAM DUNK(スラムダンク)

 赤い髪の不良少年、桜木花道が湘北高バスケットボール部に入部し、成長する姿を描いた大ヒット漫画。1990年に週刊少年ジャンプで連載が始まり、単行本の国内累計発行部数は1億2000万部を超える。作者は井上雄彦氏。全31巻、276話。2006年に文化庁メディア芸術祭「日本のメディア芸術100選」の漫画部門で1位に輝き、国内外で支持されている。

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  • 報道陣から贈られたバースデーケーキを笑顔で頬張る吉田輝。「強気」にプロでの成功をつかむ(撮影・佐藤雄彦)
  • ノック練習中に笑顔をみせる日本ハム・吉田輝=ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム(撮影・佐藤雄彦)
  • 柿木(左)と一緒にダッシュをおこなう日本ハム・吉田輝=ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム(撮影・佐藤雄彦)
  • 18歳の誕生日をむかえた日本ハム・吉田輝は報道陣から誕生日ケーキをプレゼントされて微笑んだ=ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム(撮影・佐藤雄彦)
  • 18歳の誕生日をむかえた日本ハム・吉田輝は報道陣から誕生日ケーキを美味しそうに頬張った=ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム(撮影・佐藤雄彦)
  • 18歳の誕生日をむかえた日本ハム・吉田輝は報道陣から贈られた誕生日ケーキに付くローソクの火を吹き消した=ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム(撮影・佐藤雄彦)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハムD1・吉田輝、“桜木花道魂”で1軍!スラムダンク主人公に「共感」