2019.1.12 05:03

逃げるな!立ち向かえ!阪神D1・近本、岩瀬先生に感銘「自分を信じる」

逃げるな!立ち向かえ!阪神D1・近本、岩瀬先生に感銘「自分を信じる」

特集:
2018ドラフト情報
真剣な眼差しで岩瀬氏の講義をメモする近本。熱い言葉に気持ちがたかぶった(撮影・今野顕)

真剣な眼差しで岩瀬氏の講義をメモする近本。熱い言葉に気持ちがたかぶった(撮影・今野顕)【拡大】

 逃げるな! 立ち向かえ!! 阪神の新人7選手が11日、東京都内で行われたプロ野球の新人研修会に出席。ドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=は、昨季引退した通算1002試合登板のレジェンド、元中日・岩瀬仁紀氏(44)の講演に感銘を受け「自分を信じること」と決意を新たにした。

 メモをとる手に、自然と力が入った。数々の修羅場をくぐり抜けてきた大先輩の言葉に、近本の背筋がグッと伸びた。

 「『壁とか挫折をしたときは自分しか信じるものがない』と。自分はどうやってプロ野球に入ったのかとか、自分の得意な部分を伸ばそうとする(こと)。それを信じることができるように練習していきたいです」

 午前中に野球殿堂博物館を見学し、午後から12球団の同期とともに“座学”へ。そして午後3時40分に教壇に立ったのが1002試合登板、407セーブという前人未踏の金字塔を打ち立てた元中日の岩瀬氏だった。

 「(結果が出なければ)不安に駆られますけれど、1軍で結果を出すために(プロ野球に)入ったわけで。その気持ちを忘れないように。逃げるのは簡単ですけど、立ち向かうにはすごく勇気がいる」など、およそ45分間の熱弁。1年目の1999年、開幕戦での初登板で1アウトも奪えない屈辱からスタートし、同年、最優秀中継ぎに輝いた岩瀬氏の言葉だからこそ、説得力がある。

 逃げるな、立ち向かえ-。己を信じ抜くために近本も「自分は足です」ときっぱり。改めて、50メートル5秒8の俊足を最大限に生かして、戦っていくことを誓った。

 さらに大学、社会人を経てプロ入りしながら20年間、44歳シーズンまで活躍した“鉄腕”は長くやる秘訣も披露。「自分で思っているよりも(体については)慎重にやってもらいたい」。できるけがか、できないけがか-。球団に報告することでチャンスを逃すこともあれば、我慢して悪化することもある。「どう判断するかは自分」と自己責任を強調し、1年目からいきつけの治療院を見つけてケアに努める重要性なども説いた。

 近本も同じく大学、社会人からのプロ入りで、今年の12球団のドラ1では最年長24歳。関学大時代に右肘骨折の故障歴もあるだけに「勉強になります」とうなずいた。

 「(40歳を超えての現役は)全然イメージできないですが…長く結果を出せることも大事。(まずは)一年一年が勝負だと思っている。一日ですら、戦いなので」

 壁には必ずぶつかる。自分を信じて日々、逃げずに戦うのみ。新人王&盗塁王を目指す近本が、レジェンドの金言を胸に走り出す。 (竹村岳)

★岩瀬の“散々デビュー”VTR

 1年目の1999年4月2日、広島との開幕戦(ナゴヤドーム)で2-1の六回2死二塁からプロ初登板。前田智徳に中前適時打、江藤智に右前適時打を許して逆転されると金本知憲にも左前打を浴び、1アウトも奪えず降板。チームは4-3と逆転勝利も先発・川上憲伸の勝ち星を消してしまった。しかし星野仙一監督は2日後の広島戦、10-1の九回無死一、二塁で再び岩瀬を起用。1点こそ失うが1回を自責0。その後、勝ちパターンの継投の一角を担い、65試合登板で10勝2敗1セーブ、防御率1・57で最優秀中継ぎを受賞した。

岩瀬仁紀

 プロ野球最多の1002試合登板、407セーブを誇る歴史的な救援左腕。1999年に社会人のNTT東海からD2位で中日に入団すると、1年目からセットアッパーとして活躍し、最優秀中継ぎを受賞。2004年から抑え投手となり、05年に当時の日本記録となる46セーブをマークした。セーブ王は5度、最優秀中継ぎは3度受賞。44歳目前の昨年10月に現役引退した。

近本 光司(ちかもと・こうじ)

 1994(平成6)年11月9日生まれ、24歳。兵庫・淡路市出身。淡路市立学習小2年で仮屋クラブで野球を始め、東浦中では軟式野球部。社高では投手兼外野手で甲子園出場はなし。関学大3年時に外野手に転向し、同年春にベストナイン。大阪ガスでは1年目からレギュラーで、初優勝した昨年の都市対抗でMVP。準優勝したアジア・ジャカルタ大会の野球日本代表。170センチ、72キロ、左投げ左打ち。既婚。年俸1500万円。背番号「5」

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  • 野球殿堂博物館を見学し、レリーフの前で記念写真に納まる阪神の新人選手たち=11日午前、野球殿堂博物館(代表撮影)
  • 新人選手を前に話をする岩瀬氏
  • NPB新人選手研修会タイムスケジュール
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 逃げるな!立ち向かえ!阪神D1・近本、岩瀬先生に感銘「自分を信じる」