2019.1.11 05:03(1/2ページ)

阪神D2・小幡、3000メートル走トップ!瞬発力に続き持久力も証明

阪神D2・小幡、3000メートル走トップ!瞬発力に続き持久力も証明

特集:
2018ドラフト情報
小幡(左)は片山(右)を抜いて先頭へ。3000メートルで社会人卒の先輩らを振り切った(撮影・門井聡)

小幡(左)は片山(右)を抜いて先頭へ。3000メートルで社会人卒の先輩らを振り切った(撮影・門井聡)【拡大】

 阪神合同自主トレ(10日、鳴尾浜)阪神の新人合同自主トレ2日目が10日、鳴尾浜で行われた。恒例の3000メートル走でドラフト2位・小幡竜平内野手(18)=延岡学園高=が10分51秒で1位となった。昨年12月に行われた体力測定では30メートル走で3秒98をマーク。瞬発力だけではなく豊富なスタミナも証明した18歳が、社会人卒の即戦力らを刺激していく。

 白い息を吐きながら、小幡は涼しい顔で3000メートルを走りきった。ポーカーフェースながら、言葉の端々に負けん気の強さがにじみ出た。

 「負けたくない気持ちは一番、強いですね」

 前半は集団の真ん中にいたが、中盤から先頭に立った育成D1位・片山雄哉捕手(BCL福井)の後ろをキープ。最後は片山を抜いて約100メートルの差をつけて、1位でフィニッシュした。「前に片山さんが走っていたので、ついていくことができました」。D5位・川原陸投手(創成館高)と高卒は2人だけ。しかもD1位・近本光司外野手(大阪ガス)や3位・木浪聖也内野手(ホンダ)は俊足自慢。そんな年長者を振り切ってみせた。

【続きを読む】

  • 阪神・新人合同自主トレ3000メートル走タイム
  • 阪神・近年の3000メートル走の1位
  • 練習を終え記者の取材に答える阪神・小幡=鳴尾浜球場(撮影・門井聡)
  • キャッチボールする阪神・斎藤=鳴尾浜球場(撮影・水島啓輔)
  • キャッチボールする阪神・川原=鳴尾浜球場(撮影・水島啓輔)
  • 視察に訪れた阪神・矢野監督=鳴尾浜球場(撮影・水島啓輔)
  • 阪神・平田2軍監督=鳴尾浜球場(撮影・水島啓輔)
  • 記者の質問に答える阪神・近本=鳴尾浜球場(撮影・水島啓輔)
  • 練習を終え記者の取材に答える阪神・片山=鳴尾浜球場(撮影・門井聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神D2・小幡、3000メートル走トップ!瞬発力に続き持久力も証明