2019.1.11 10:00

盛岡大付出身の巨人育成・比嘉「今年は野球で試合で結果を出す」/東北スポーツ

盛岡大付出身の巨人育成・比嘉「今年は野球で試合で結果を出す」/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
2年目の飛躍を狙う比嘉。自主トレではけがをしない体作りを目指し汗を流している (撮影・赤尾裕希)

2年目の飛躍を狙う比嘉。自主トレではけがをしない体作りを目指し汗を流している (撮影・赤尾裕希)【拡大】

 巨人の育成・比嘉賢伸(けんしん)内野手(18)=岩手・盛岡大付高=が、2年目となる今季の飛躍を誓った。

 「まずは1年を通じてけがをしないことが目標。今年は野球で、試合で結果を出したい」

 育成ドラフト1位で入団した昨季。比嘉には悔しさ、充実感も残ったシーズンとなった。

 「野球を見つめ直すというか、プロの野球を知ることができました。けがをして結果が出ていませんが、今年につながる1年になったと思う」

 前半戦に左太ももを痛め、リハビリに専念。イースタン・リーグの出場はわずか1試合に。だが「バッティングにもっと関心を持つことができました。高校時代よりも練習が増えて、自分の引き出しも増えた」。収穫を今季につなげる。

 「環境が一番きつかった。雪の上で練習をするのが…。室内練習場がなかったので吹雪の中でも外で練習していました」

 雪国での3年間が、比嘉を育て上げた。大阪府出身だが、岩手・盛岡大付高に進学。冬は雪上練習で打撃を磨いた。高2夏から3季連続で甲子園に出場。高校通算37本塁打の高い打撃力がスカウトの目にとまり、プロの世界に飛び込んだ。

 オフは実家のある大阪で練習を行った。ウエートトレーニングだけでなく、ランニングを日課とし、さらなるレベルアップを図った。「まずは2軍に昇格して、与えられたところで結果を出す」。支配下登録へのきっかけをつかむ。 (赤尾裕希)

比嘉 賢伸(ひが・けんしん)

 2000年(平成12)年1月12日生まれ、18歳。大阪市出身。小3から三東ベアーズで野球を始める。大正東中在学中は大正ボーイズでプレー。盛岡大付高(岩手)では1年春からベンチ入りし、2年夏から3季連続で甲子園出場。18年育成ドラフト1位で巨人入団。180センチ、85キロ。右投げ左打ち。独身。今季年俸250万円。背番号001。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 盛岡大付出身の巨人育成・比嘉「今年は野球で試合で結果を出す」/東北スポーツ