2019.1.11 05:06(1/3ページ)

巨人・丸、長嶋さんのラブレターに「感激」 自主トレ公開で明かした移籍“秘話”

巨人・丸、長嶋さんのラブレターに「感激」 自主トレ公開で明かした移籍“秘話”

真冬の寒さも何のその。丸はTシャツ、短パン姿でバットを振り込んだ(撮影・福島範和)

真冬の寒さも何のその。丸はTシャツ、短パン姿でバットを振り込んだ(撮影・福島範和)【拡大】

 広島から国内フリーエージェント(FA)権を行使して巨人入りした丸佳浩外野手(29)が10日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレーニングを開始した。室内練習場では約2時間の練習のうち、1時間を打撃練習に費やし、いきなり計296スイング。今季の全試合出場とチームの日本一達成を宣言した。さらに、FA宣言後に同じ千葉出身の長嶋茂雄終身名誉監督(82)から手紙で巨人入りの後押しを受けていたことも明かした。

 外気温は4度。いてつく寒さの中、丸が新天地で始動した。約50人の報道陣が集結し、静寂の室内練習場には29歳が奏でる快音と、カメラのシャッター音だけが響いた。

 「まだまだ不安とドキドキ。毎年のことなんですけど、そういう気持ちがいろいろ出てくる時期なので、しっかりと地に足をつけて、やっていければと思います」

 今年の初振りから、いきなり全開だ。午前9時に球場入りすると約30分間のストレッチやキャッチボールの後に、ジャージーの上着を脱ぎ捨てた。真冬の練習場で半袖、半ズボン。隣で練習する新人を見て「僕もある意味、新人みたいなものなので、初心に立ち返ってやっていけたら」と黙々とバットを振った。

【続きを読む】

  • 丸は笑みを浮かべながらキャッチボール。長嶋終身名誉監督との“入団秘話”も披露した
  • 長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督
  • 丸佳浩の年度別打撃成績
  • 室内練習場で打撃練習を行う巨人・丸=ジャイアンツ球場(撮影・福島範和)
  • 打撃練習中に笑顔を見せる巨人・丸=ジャイアンツ球場(撮影・福島範和)
  • 移籍後初めて巨人の施設で練習を行った丸=川崎市のジャイアンツ球場
  • 室内練習場でダッシュする巨人・丸=ジャイアンツ球場(撮影・福島範和)
  • 移籍後初めて巨人の施設で練習を行った丸=川崎市のジャイアンツ球場
  • 移籍後初めて巨人の施設で練習を行った丸=川崎市のジャイアンツ球場
  • 移籍後初めて巨人の施設で練習を行った丸=川崎市のジャイアンツ球場
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・丸、長嶋さんのラブレターに「感激」 自主トレ公開で明かした移籍“秘話”