2019.1.11 05:03

巨人・原監督が「鈴木尚広2世」育てる!重信、松原ら候補

巨人・原監督が「鈴木尚広2世」育てる!重信、松原ら候補

鈴木氏は今季から外野守備走塁コーチとして後継者を育成する

鈴木氏は今季から外野守備走塁コーチとして後継者を育成する【拡大】

 巨人・原辰徳監督(60)が10日、東京都内で取材に応じ、「鈴木尚広2世」の育成に取り組む方針を明かした。代走のスペシャリストとして活躍した同氏の後継者として、原野球の強力な武器に育て上げる。

 「どうしても戦力として作りたいのはやっぱり『尚広2世』。接戦では大きな戦力だった」

 今季から1軍外野守備走塁コーチに就任した鈴木氏は2016年までの20年間で球団史上3位の通算228盗塁をマークし、代走での通算132盗塁はプロ野球記録。終盤に代走で二盗を決め、次打者の安打で生還するのが当時の得点パターンで、第2次政権でも貴重な武器として機能した。

 指揮官は「彼が最後にいて、使う場面を考えながら用兵できたのは心強かった」と振り返る。俊足の4年目・重信、3年目の松原、11年目の立岡らが候補に挙がる。

 すでにコーチ陣にはスペシャリスト育成を指示。1軍に“枠”を用意し、実戦の中で育て上げる考えだ。「真剣勝負の中でも勉強のつもりで出してあげることが成長につながる。少し度胸を据えて作っていきたい」と原監督の口調は熱を帯びた。 (伊藤昇)

  • 昨年11月の米大リーグ選抜戦で指揮を執った原監督。今春は走塁のスペシャリストを育成する
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人・原監督が「鈴木尚広2世」育てる!重信、松原ら候補