2019.1.11 18:10

ベンチ前でのキャッチボール禁止 プロアマ規則委

ベンチ前でのキャッチボール禁止 プロアマ規則委

 プロ、アマ合同の野球規則委員会が11日、東京・港区の日本野球機構(NPB)で行われ、イニング間などの準備投球を「8球以内、1分以内」と規定した文章の削除などを決めた。運用は各リーグに委ねられるが、社会人と大学ではベンチ前で行われてきた登板する投手によるキャッチボールができなくなる見通し。

 公認野球規則5・10(k)では競技中や出場準備中の選手、ベースコーチ以外は「ベンチに入っていなければならない」と規定。日本ではこれまで、慣習的にベンチ前やブルペンなどでキャッチボールが行われてきたが、規則委では「8球、1分という制限をなくす代わりにベンチ前の準備投球をやめ、世界標準にしてほしい」と説明した。アグリーメントで「5球」と定めているプロ野球、独自の規定を持つ高校野球は今後検討する。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球その他
  4. ベンチ前でのキャッチボール禁止 プロアマ規則委