2019.1.10 05:03

阪神D6・湯浅、ブルペン一番乗りアピール!ドラフト最下位から下克上へ

阪神D6・湯浅、ブルペン一番乗りアピール!ドラフト最下位から下克上へ

特集:
2018ドラフト情報
キャッチボールをする湯浅。虎新人ブルペン一番乗りでアピールを狙う(撮影・松永渉平)

キャッチボールをする湯浅。虎新人ブルペン一番乗りでアピールを狙う(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神新人合同自主トレ(9日、鳴尾浜)ドラフト最下位からの下克上へ“一番乗り”でアピールだ。D6位の湯浅が、9日、ルーキー一番乗りのブルペン入りへ名乗りを上げた。

 「年末年始もずっと練習してきたので、体自体はできていると思います。肩はできているので、なるべく早くブルペンに入りたい。一番乗りでブルペン? 入りたいです」

 育成D1位・片山雄哉捕手(BCリーグ福井)とともに、練習場所の確保のために一足早く入寮していた19歳。12月にも片山とともにランニングやキャッチボールなどを行っていた。年末年始は地元の三重・尾鷲市で自主トレ。下半身強化に重点を置き、ダッシュなどで体のキレを上げてきた。

 この日は全員がそろっての新人合同自主トレの初日とあって、気合十分。清水ヘッドコーチをはじめ首脳陣やスカウトらが見守る中、真剣な表情で一つ一つのメニューをこなした。

 最速151キロで、威力のある真っすぐが魅力の右腕。「高校の時から1年を通して練習していたので。ブルペンもちょこちょこ入りながらやっていました」と、1月上旬からのブルペン入りも問題なし。昨秋キャンプを見学した際にも、矢野監督の前で自慢の直球でアピール。早ければ矢野監督が鳴尾浜に視察に訪れる10日にもブルペンに入り。オフの成果をみせ、ビシビシ投げ込むつもりだ。

 「1日1日ムダにしないように、覚悟を持ってやっていきたいです。自分の持っている最大限のものを見せていきたいと思います」

 アピール合戦の火ぶたは切られた。その右腕を力強く振って、監督のハートを射止める。 (箭内桃子)

湯浅 京己(ゆあさ・あつき)

 1999(平成11)年7月17日生まれ、19歳。三重県出身。福島・聖光学院高では2年秋まで成長痛による腰痛が出た影響で記録員を務め、同年冬に内野手から投手に転向。3年春、夏の県大会ベンチ入り。昨季からBCリーグ富山に入団し、威力のある直球とカットボールを武器に先発として活躍。183センチ、88キロ。年俸500万円。右投げ右打ち。背番号「65」

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  • ランニングする(左から)阪神・小幡、斎藤、片山、木浪、湯浅、近本、川原=鳴尾浜球場(撮影・村本聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神D6・湯浅、ブルペン一番乗りアピール!ドラフト最下位から下克上へ