2019.1.10 10:01(1/2ページ)

楽天D8・鈴木翔天、目標「1軍キャンプ&開幕1軍」へ不安もけがも飛んでった~/東北スポーツ

楽天D8・鈴木翔天、目標「1軍キャンプ&開幕1軍」へ不安もけがも飛んでった~/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
左肘の不安が消えた鈴木は初日から軽快な動きを見せた

左肘の不安が消えた鈴木は初日から軽快な動きを見せた【拡大】

 プロ野球楽天の新人合同自主トレが9日、本拠地・楽天生命パークの室内練習場でスタートした。北東北大学リーグの富士大(岩手)からドラフト8位で入団した鈴木翔天(そら)投手(22)は、ランニングやキャッチボールなどのメニューを順調に消化。大学時代に痛めた左肘の“全快”をアピールし「1軍キャンプに同行して開幕1軍」と目標を掲げた。

 「56」のビブスをまとい、新人らしくハツラツと動いた。およそ5時間に及ぶ始動を終え、鈴木が充実の汗をぬぐった。

 「もう少し緊張するかと思ったが、気楽に楽しくできました。これからもけがをせず、(自主トレを)乗り越えたい」

 午前10時、D1位・辰己涼介外野手(22)=立命大=ら同期9選手とともに、ランニングからスタート。ノックでも軽快な動きでボールを追った。

 キャッチボールでは軽めの腕の振りながら、スピンの利いた力強いボールを投げ込んだ。「ボールの回転と投げ終わりを意識して投げた。自分のフォームで投げられたと思う」。明るい表情でうなずく姿には大きな理由があった。

 「去年までは(左肘が)痛くてだましだましやっていたが、今はすごく楽になって、腕も振れるようになった」

 昨年春に左肘痛を発症。大学4年のシーズンは、痛みや違和感と闘い続けたが、昨年11月の球団のメディカルチェックで「(左肘には)傷ひとつない」と医師からお墨付きをもらった。

【続きを読む】

  • 合同自主トレの初日を迎えた楽天の新人選手たち(撮影・土谷創造)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 楽天
  5. 楽天D8・鈴木翔天、目標「1軍キャンプ&開幕1軍」へ不安もけがも飛んでった~/東北スポーツ